評議員・代表

ND評議員

鳥越 俊太郎

ジャーナリスト

講演依頼はこちら

プロフィール

1965年3月 京都大学文学部(国史学専攻)卒
1965年4月 毎日新聞社入社
新潟支局、大阪社会部、東京社会部、サンデー毎日編集部
1982~1983年 アメリカ・ペンシルバニア州クエーカー タウンフリープレス紙に職場留学
帰国後、外信部(テヘラン特派員)へ
1988年4月 毎日編集長
1989年8月 毎日新聞社退社
1989年10月~ テレビ朝日系列「ザ・スクープ」キャスター
1995年10月~ 「サンデージャングル」
2002年10月~ テレビ朝日系列「ザ・スクープスペシャル」キャスター
2002年10月~2011年3月 「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)月~木曜日コメンテーター
2002年10月~2005年3月 TBSラジオ「CUBE」
2003年4月~2005年3月 関西大学社会学部教授(マスコミ専攻)
2005年4月~2007年3月 関西大学客員教授
2004年4月~2005年3月 「僕らの音楽」(フジテレビ系列)
2005年4月~ TBS ラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」(月曜日スーパートーク)
2008年4月~ BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」

主な著書

【単著】
〇鳥越俊太郎(2016)『食べてよく寝て鍛えなさい』(内外出版社)
〇鳥越俊太郎(2015)『君は人生を戦い抜く覚悟ができているか?―鳥越俊太郎仕事の美学』(日本実業出版社)
〇鳥越俊太郎(2014)『祖父の流儀(ダンディズム)』(徳間書店)
〇鳥越俊太郎(2011)『がん患者』(講談社)
〇鳥越俊太郎(2011)『鳥越俊太郎のエンディングノート 葬送曲はショパンでよろしく』(アース・スターブックス)
〇鳥越俊太郎(2007)『2時間でわかる問題なニッポン 現代ニュース用語から読み解く (主婦と生活社)
〇鳥越俊太郎(2006)『人間力の磨き方』(講談社+α新書)
〇鳥越俊太郎(2005)『僕らの音楽 対談集1~4』(ソニー・マガジンズ)
〇鳥越俊太郎(2005)『歳には、勝てる』(マガジンハウス)
〇鳥越俊太郎(2003)『親父の出番』(集英社be文庫)
〇鳥越俊太郎(2003)『あめりか記者修行 増補改訂版』(中公文庫)
〇鳥越俊太郎(2002)『報道は欠陥商品と疑え(That’s Japan)』(ウェイツ)
〇鳥越俊太郎(2001)『みんなの政治ニュースがよくわかる本』(幻冬舎)
〇鳥越俊太郎(2001)『ニュースの「真実」をどう伝えるか』PHP新書
〇鳥越俊太郎(2001)『そのニュースちょっと待った!』PHP研究所○〇鳥越俊太郎(2000)『鳥越俊太郎のあのくさ、こればい!最近のニュースが3分間でわかる』(プランネット出版)
〇鳥越俊太郎(1998)『異見(あまのじゃく)鳥越俊太郎のジャーナリズム日誌』(現代人文社)
〇鳥越俊太郎(1984)『新あめりか漂流記』(東京出版)

【共著】
〇鳥越俊太郎・羽柴修・小山乃里子(2014)『戦争は秘密から始まる 稀代の悪法「秘密保護法」を許さない』(日本機関紙出版センター)
〇よど号グループ・鳥越俊太郎(2013)『「拉致疑惑」と帰国―ハイジャックから祖国へ』(河出書房新社)
〇鳥越俊太郎・細野豪志(2012)『証言細野豪志「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る』(講談社)
〇鳥越俊太郎・塩見利明(2010)『眠って生きろ』(デコ)
〇鳥越俊太郎・井上怜奈・猿渡瞳・加藤大基・青島幸男・より子・小橋建太(2009)『生きる。 がんと向きあう7人のストーリー』(幻冬舎)
〇鳥越俊太郎・福田衣里子・中井まり(2008)『日本の薬はどこかおかしい!』(青志社)
〇鳥越俊太郎・しりあがり寿(2006)『本当は知らなかった日本のこと』(ミシマ社)
〇鳥越俊太郎・小林ゆうこ(2002)『虚誕 警察につくられた桶川ストーカー殺人事件』(岩波書店)
〇鳥越俊太郎&取材班(2000)『桶川女子大生ストーカー殺人事件』(メディアファクトリー)
〇鳥越俊太郎・後藤和夫(2000)『うちのお父さんは優しい 検証・金属バット殺人事件』(明窓出版)

【編著】
〇鳥越俊太郎(2003)『石原「総理」の危うさ やらせてみたい。でも・・・』(小学館文庫)
〇鳥越俊太郎(2001)『子どもの目親の目から見た私の家族』(三省堂)

【共編】
〇鳥越俊太郎・木村朗(2003)『20人の識者がみた「小沢事件」の真実 捜査権力とメディアの共犯関係を問う』(日本文芸社)

受賞歴

2001年4月 「日本記者クラブ賞」(桶川女子大生ストーカー殺人事件報道に対して)
2004年5月 ギャラクシー賞報道活動部門大賞(ザ・スクープスペシャル『警察の裏金追及第一弾、第二弾』に対して)