評議員・代表

ND評議員

藤原 帰一

東京大学教授

講演依頼はこちら

プロフィール

東京大学大学院法学政治学研究科教授。1956年東京生まれ。専門は国際政治、比較政治、東南アジア現代政治。東京大学大学院博士課程を修了し、フルブライト奨学生としてイェール大学博士課程に留学。千葉大学助教授、東京大学社会科学研究所助教授を経て、1999年から現職。日本比較政治学会元会長。

主な著書

【単著】
〇藤原帰一(2013)『戦争の条件』(集英社新書)
〇藤原帰一(2012)『これは映画だ!』(朝日新聞出版)
〇藤原帰一(2010)『新編 平和のリアリズム』(岩波現代文庫)
〇藤原帰一(2007)『戦争解禁―アメリカは何故、いらない戦争をしてしまったのか』(ロッキング・オン)
〇藤原帰一(2007)『国際政治』(放送大学教育振興会)
〇藤原帰一(2006)『映画の中のアメリカ』(朝日新聞社[朝日選書])
〇藤原帰一(2004)『平和のリアリズム』(岩波書店)
〇藤原帰一(2003)『「正しい戦争」は本当にあるのか―論理としての平和主義』(ロッキング・オン)
〇藤原帰一(2002)『デモクラシーの帝国―アメリカ・戦争・現代世界』(岩波新書)
〇藤原帰一(2001)『戦争を記憶する―広島・ホロコーストと現在』(講談社現代新書)

【共著】
〇藤原帰一・立花隆・伊豫谷登士翁・森達也・岡真理・川田順造・橋爪大三郎(2015)『揺らぐ世界:〈中学生からの大学講義〉4』(ちくまプリマー新書)
〇藤原帰一・金子勝・宮台真司・A・デウィット(2004)『不安の正体!―メディア政治とイラク戦後の世界』(筑摩書房)

【編著】
〇藤原帰一(2002)『テロ後―世界はどう変わったか』(岩波新書)

【共編著】
〇藤原帰一・鈴木達治郎・広瀬訓(2018)『核の脅威にどう対処すべきか―北東アジアの非核化と安全保障』(法律文化社)
〇藤原帰一・大柴亮・山田哲也(2011)『平和構築・入門』(有斐閣)
〇藤原帰一・永野善子(2011)『アメリカの影のもとで―日本とフィリピン』(法政大学出版局)
〇藤原帰一・筑紫哲也・吉岡弘之(2009)『この「くに」の面影』(日本経済新聞出版社)
〇NHK「地球特派員」取材班・藤原帰一(2009)『グローバル資本主義の未来―危機の連鎖は断ち切れるか』(日本放送出版協会)
〇藤原帰一・大柴亮・山田哲也(2006)『平和政策』(有斐閣)
〇藤原帰一・大串和雄・遠藤誠治・石田淳(2004-2005)『坂本義和集』全6巻(岩波書店)
〇藤原帰一・李鍾元・古城佳子・石田淳(2004)『国際政治講座』第3巻「経済のグローバル化と国際政治」・第4巻「国際秩序の変動」(東京大学出版会)
〇藤原帰一・寺島実郎・小杉泰(2003)『「イラク戦争」検証と展望』(岩波書店)
〇藤原帰一・金子勝・山口二郎(2003)『東アジアで生きよう!―経済構想・共生社会・歴史認識』(岩波書店)
〇総合研究開発機構・藤原帰一(2002)『記憶から復興へ―紛争地域における復興協力と自治体の役割(NIRA研究報告書)』(総合研究開発機構、広島県)
〇藤原帰一・国分良成・林振江(2000)『グローバル化した中国はどうなるか』(新書館)

藤原 帰一の「研究・報告」