• 2分でわかるND
  • 最新イベント情報

研究・報告

イベント情報

このイベントは終了しました。

令和元年度第3回市民憲法講座

【日本外交を憲法の視点から見る】

今回は、新外交イニシアティブの代表を務めている猿田佐世さんをお招きし、「日本外交」をテーマに、憲法の基本三原則に立ち返りながら、日本外交の現状にも触れつつ、日本外交の「システム」や「意思決定過程」などに焦点を当てて、ご講演いただきます。

●市民憲法講座とは
三鷹市では平和・人権・自治などの分野で、日常生活の中の身近な課題や最近話題となっている問題等に焦点を当てた講演会『市民憲法講座』を毎年開催しています。
今回は、以下の内容で開催します。皆さんのご来場をお待ちしています。

イベントの詳細を見る

このイベントは終了しました。

猿田佐世ND代表講演会

【日米外交を考える~集団的自衛権・改憲・沖縄基地問題~】

講師:
猿田佐世氏(弁護士、新外交イニシアティブ代表)

愛知県東郷町出身。新外交イニシアティブ(ND)代表/弁護士(日本・ニューヨーク州)

立教大学講師、沖縄国際大学特別研究員。沖縄基地、原発などの諸問題について、日本政府の届けない声を米国に伝えることをライフワークとし、米議会等でロビー活動を展開。2019年は年間を通じて、沖縄県からの委託事業「デニー知事トークキャラバン」を全国でコーディネート。著書に『自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」』(角川新書)、『新しい日米外交を切り拓く』(集英社)など。

イベントの詳細を見る

このイベントは終了しました。

福岡県弁護士会主催シンポジウム  市民とともに考える憲法講座 第五弾

守ってくれるのは軍隊?それとも憲法? ~沖縄基地問題から平和憲法を考える~

福岡県弁護士会憲法委員会では,「憲法改正」をめぐる議論をさらに活性化するために,「市民とともに考える憲法講座」と題してシリーズ企画を開催しています。このたび、本年4月6日の第四弾「「憲法改正する?しない?」 みんなで考えよう」に引き続く第五弾を企画いたしました。

自然豊かで観光客も多い沖縄県。一方で国土面積の約0.6%しかないにもかかわらず,全国の米軍専用施設面積の約70.6%が集中している県でもあります(平成29年1月1日現在)。このような米軍基地が沖縄の社会に大きな影響を与え続けてきました。また,沖縄は1972年に日本復帰を果たすまでアメリカ統治下にあり,日本国憲法は適用されていませんでした。福岡に住む私たちもこのような沖縄の歴史,現状を見つめ直し,民主主義や地方自治,国民一人一人の基本的人権といった憲法の価値について,あらためて考えてみる必要があるのではないでしょうか。

そこで,地元紙の新聞記者の視点から沖縄の現状について,また,沖縄の米軍基地についてアメリカの議員らと意見交換を重ねてきたNGOの視点からアメリカから見た基地問題についてご講演いただきます。

ご多用中とは存じますが,ご家族,ご友人をお誘いあわせのうえ,足をお運びくださいますようお願い申し上げます。

多くの市民のご参加を心よりお待ちしております。

(なお,本憲法講座は,日本弁護士連合会による「憲法改正問題に取り組む全国アクションプログラム~憲法の意義と歴史を踏まえて,憲法改正問題に全国的な取り組みを!~」の1つとして開催します。)

イベントの詳細を見る

このイベントは終了しました。

新外交イニシアティブ(ND)主催

米中関係の中で考える日中関係~東アジアの秩序形成に向けて~

米中貿易摩擦が深刻さを増す中、米国は「インド太平洋戦略報告」を発表し、南シナ海での合同訓練を活発化させています。一方の中国も新型ICBM開発をはじめ軍備増強を進めており、経済・軍事両面において厳しい状況が続いています。両国の狭間に位置する日本は、中国との関係は改善する姿勢を見せながら、安全保障政策においてはかつてないほど日米一体化を深めています。

今回のシンポジウムでは、軍事・外交の専門家のみならず、北京大学を卒業後、東京大学大学院の博士課程に在籍する留学生も登壇者にお迎えし、「国際情勢と中国」についての中国国内の世論の動向についても伺いながら、東アジアにおける秩序形成の展望や、日本の果たすべき役割について議論を行います。

イベントの詳細を見る

注目情報

最新情報