event

新外交イニシアティブ(ND)訪米報告会
日米原子力エネルギープロジェクト訪米調査報告

■開催日時:
2015/07/31 Fri. 17:30開場
18:00~19:45
■会場:

衆議院第一議員会館 国際会議室(予定)

住所:東京都千代田区永田町2-2-1(国会側 正門からお入りください)

■最寄り駅:

「国会議事堂前」(丸ノ内線・千代田線)

150731チラシ

3年前、日本が「2030年代原発ゼロ」を打ち出した際、米国が圧力をかけ閣議決定が見送られたと報じられました。ND「日米原子力エネルギープロジェクト」では、日本の原子力エネルギー問題を日米関係から紐解き、米国が日本の原子力政策に与える影響について研究しています。

 

6月5日から約1週間、「日米原子力エネルギープロジェクト」では訪米調査(ワシントン・ボストン)を行いました。米国の元政府関係者(エネルギー省・ホワイトハウス・原子力規制委員会(NRC))や原子力専門家らにインタビューを行い、日本の原発再稼働・再処理についての米国における見方や2018年に期限を迎える日米原子力協定の行方等につき幅広く意見を伺いました。原発に対する見方が日米で大きく異なる現実も目の当たりにしました。最新の調査報告に、ぜひ皆様ご参加ください。


■報告者:

●鈴木 達治郎氏(長崎大学 核兵器廃絶研究センター(RECNA)センター長・教授)
東京大学工学部原子力工学科卒。78年マサチューセッツ工科大学プログラム修士修了。工学博士(東京大学)。原子力工学を専攻後、エネルギー環境政策、技術と政策の関係を中心に研究。MITエネルギー環境政策研究センター、同国際問題研究センター、(財)電力中央研究所社会経済研究所などを経て、2010年1月から2014年3月まで原子力委員会委員長代理を務め、2014年4月RECNA副センター長に就任。2015年4月より現職。国際核物質専門家パネル(IPFM)共同議長、核廃絶を目的とする科学者グループ「パグウォッシュ会議」評議員。

 

●猿田佐世(ND事務局長・弁護士)

ワシントン在住も経ながら、各外交・政治問題について、米議会等で自らロビーイングを行う他、日本の議員や地方公共団体等の訪米行動を企画・実施。フクシマ事故後、日本の国会議員等の原発政策についての訪米行動のサポートを続け、米国の原子力政策に関わる人々と日本の外交チャンネルを築いてきた。

 

●平野あつき(ND研究員)

2014年秋よりND「日米エネルギープロジェクト」に参画。チームの一員として調査及び訪米のコーディネートを担当。

■資料代:
1000円(ND会員・エネルギープロジェクト訪米にご寄付いただいた方・学生は無料)

■定員:90名(先着順)

※会員の皆様、および今回のエネルギープロジェクト訪米にご寄付いただいた方におかれましては、優先的にご入場いただけます。

終了したイベント

2017/03/10 Fri.
中京大学大学院総合政策学専攻主催公開シンポジウム(名古屋) 新時代の日米関係を問う―沖縄・自衛隊そして安保の今後―
2017/02/27 Mon.
NDシンポジウム(沖縄) 今こそ辺野古に代わる選択を ~NDからの提言~
2017/02/28 Tue.
ND日米原子力エネルギープロジェクト ブックレット出版記念シンポジウム アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか ~「日米原子力協定」満期を1年後に控えて~
2016/11/22 Tue.
ND緊急企画(東京) 【ご案内】11/22(火)18:00- 緊急企画「沖縄に再び核兵器配備の日が来るか?」 グレゴリー・カラッキー博士(「憂慮する科学者同盟」)意見交換会(東京)
2016/11/18 Fri.
ND緊急企画(沖縄) 【ご案内】11/18(金)19:00- 緊急企画「沖縄に再び核兵器配備の日が来るか?」 グレゴリー・カラッキー博士(「憂慮する科学者同盟」)意見交換会(沖縄)
2016/11/26 Sat.
猿田佐世ND事務局長出版シンポジウム 「新しい日米外交を切り拓く 沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ」~過去・現在・そしてアメリカ大統領選挙を経て~ 白井聡/中島京子/猿田佐世
2016/07/29 Fri.
猿田佐世ND事務局長講演会(大阪) 【申込み締切り】外交のしくみを紐解く-安保・原発・TPP・沖縄基地と日米関係の実像-
2016/05/20 Fri.
ND緊急企画 自衛隊派遣のリスクを考える 南スーダン現地からの報告
2016/01/26 Tue.
猿田佐世ND事務局長講演会 外交のしくみを紐解く
-安保・原発・TPP・沖縄基地と日米関係の実像-
2015/12/18 Fri.
NDシンポジウム(沖縄)
―基地・経済・地方自治―