event

ND緊急企画(沖縄)
【ご案内】11/18(金)19:00- 緊急企画「沖縄に再び核兵器配備の日が来るか?」 グレゴリー・カラッキー博士(「憂慮する科学者同盟」)意見交換会(沖縄)

■開催日時:
2016/11/18 Fri. 18:30開場
19:00~20:30
■会場:

沖縄県男女共同参画センター てぃるる 研修室3(4階)
沖縄県那覇市西3-11-1
TEL:098-866-9090(代)
駐車場あり(複合施設により共用駐車場)
http://www.tiruru.or.jp/about.html

「憂慮する科学者同盟」(UCS ; Union of Concerned Scientists)のグレゴリー・カラッキー博士(グローバル安全保障プログラム・中国プロジェクトマネージャー)が11月16日から18日まで沖縄を訪問します。沖縄の基地問題の全体像を把握しながら、加えて、沖縄への再びの核兵器配備の可能性についての調査を行う予定です。

 

NDはカラッキー博士の今回の沖縄訪問日程を調整し、同行して氏の調査を補佐します。UCSは、世界に10万人以上の会員を擁する米国有数の科学者団体で、環境、原発、遺伝子操作、軍事機密など幅広い分野における科学的な分析や情報公開を行っています。

 

今回、NDでは、カラッキー氏の沖縄訪問をNDが企画するにあたり、3日間の沖縄調査の行程を終えた同氏から、米国が進めようとする「日本防衛における米国の核兵器の役割の増強」についてお話を伺う企画を開催いたします。

 

米政府は、現在、アジアに配備される可能性のある新しい核兵器の開発を検討しています。米国の軍事作戦上、沖縄の米軍基地はアジアでの有事に使用されることとされており、過去には沖縄に核が配備されていた歴史もあります。また、日米の間で結ばれたいわゆる「沖縄核密約」は、緊急時には米国が沖縄に核兵器を持ち込むことを認めています。

 

このような事情を踏まえ、カラッキー氏は、沖縄に再び米国の核兵器が配備される可能性がある、と語ります。しかしカラッキー氏は、このような核配備は新基地建設反対の沖縄における取り組みと、新しい核兵器に反対する米国における取り組みが協力することにより防ぐことができるだろうとも述べています。

核兵器の沖縄への再配備という米国発のこの警告を、多くの方にお聞きいただければと思います。

 


■参加費:
500円

終了したイベント

2017/05/26 Fri.
アミタフ・アチャリア氏(アメリカン大学名誉教授/元国際関係学会会長)講演会(東京) 今、東アジアの安全保障を考えるー「力の外交」に対峙するにはー
2017/05/23 Tue.
NDシンポジウム(東京) 今こそ辺野古に代わる選択を ~NDからの提言~
2017/03/10 Fri.
中京大学大学院総合政策学専攻主催公開シンポジウム(名古屋) 新時代の日米関係を問う―沖縄・自衛隊そして安保の今後―
2017/02/27 Mon.
NDシンポジウム(沖縄) 今こそ辺野古に代わる選択を ~NDからの提言~
2017/02/28 Tue.
ND日米原子力エネルギープロジェクト ブックレット出版記念シンポジウム アメリカは日本の原子力政策をどう見ているか ~「日米原子力協定」満期を1年後に控えて~
2016/11/22 Tue.
ND緊急企画(東京) 【ご案内】11/22(火)18:00- 緊急企画「沖縄に再び核兵器配備の日が来るか?」 グレゴリー・カラッキー博士(「憂慮する科学者同盟」)意見交換会(東京)
2016/11/18 Fri.
ND緊急企画(沖縄) 【ご案内】11/18(金)19:00- 緊急企画「沖縄に再び核兵器配備の日が来るか?」 グレゴリー・カラッキー博士(「憂慮する科学者同盟」)意見交換会(沖縄)
2016/11/26 Sat.
猿田佐世ND事務局長出版シンポジウム 「新しい日米外交を切り拓く 沖縄・安保・原発・TPP、多様な声をワシントンへ」~過去・現在・そしてアメリカ大統領選挙を経て~ 白井聡/中島京子/猿田佐世
2016/07/29 Fri.
猿田佐世ND事務局長講演会(大阪) 【申込み締切り】外交のしくみを紐解く-安保・原発・TPP・沖縄基地と日米関係の実像-
2016/05/20 Fri.
ND緊急企画 自衛隊派遣のリスクを考える 南スーダン現地からの報告